開業したて整形外科院長の野望(無謀)日記。


福岡県行橋市でH17年に開業しました。開業前、開業後の雑感、日々の戯言その他。
by miyasei
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
最新のコメント
ライフログ
その他のジャンル
アクセス解析

カテゴリ:医療( 291 )

「特定疾患療養管理料」のナゾ。

日本の医療が保険医療メインで成り立っている以上、一般に総合病院や救急病院、個人診療所、たいていは(美容整形を別として)保険診療なわけで、そうなると「レセプト」「診療報酬」とかこういう難しいものがあって、開業すると特によく分からず悶々とするものなのですが・・・

その中でも特によく分からなかったのが、この特定疾患療養管理料と呼ばれるモノ。

特定疾患療養管理料..... (しろぽんネットより)

B000 特定疾患療養管理料

  • 1 診療所の場合
    225点
  • 2 許可病床数が100床未満の病院の場合
    147点
  • 3 許可病床数が100床以上200床未満の病院の場合
    87点


と、この辺の点数の差も存在も知らなかった。
そして月に2回取れる、そして外来管理加算などと一緒に取れる。200床以上の病院では取れない(!)・・・・

対象疾患は、

次に掲げる疾患が規定されている。

厚生労働省告示第六十三号(平成20年3月5日)

  • 結核
  • 悪性新生物
  • 甲状腺障害
  • 処置後甲状腺機能低下症
  • 糖尿病
  • スフィンゴリピド代謝障害及びその他の脂質蓄積障害
  • ムコ脂質症
  • リポ蛋白代謝障害及びその他の脂(質)血症
  • リポジストロフィー
  • ローノア・ベンソード腺脂肪腫症
  • 高血圧性疾患
  • 虚血性心疾患
  • 不整脈
  • 心不全
  • 脳血管疾患
  • 一過性脳虚血発作及び関連症候群
  • 単純性慢性気管支炎及び粘液膿性慢性気管支炎
  • 詳細不明の慢性気管支炎
  • その他の慢性閉塞性肺疾患
  • 肺気腫
  • 喘息
  • 喘息発作重積状態
  • 気管支拡張症
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃炎及び十二指腸炎
  • 肝疾患(経過が慢性なものに限る)
  • 慢性ウイルス肝炎
  • アルコール性慢性膵炎
  • その他の慢性膵炎
  • 思春期早発症
  • 性染色体異常
逆流性食道炎とか関節リウマチ、骨粗鬆症とかも入らないらしい。
この基準が今ひとついまだによくわからない・・・・・・

そして、整形外科疾患でよくある「慢性疼痛疾患管理料」なんて月1回で130点ですよ.......
しかも、外来管理加算や運動器リハビリテーションとは一緒に取れないという

なんともはや、やりにくい「管理料」なんですよねぇ。

難解です。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 行橋情報へ
にほんブログ村
楽天ブックス

bose_soundlink_revolve
[PR]
by miya_sei | 2017-04-29 00:04 | 医療 | Comments(0)

医療と介護、同時改定。

来年の診療報酬改定は医療と介護の同時改定です。
はたしてどうなることやら。

b0028732_00460316.jpg

予算がどうこうより、複雑怪奇な医療制度をどうにかして欲しいものです。
どうも、小泉さん以降なのか、ただ予算を削る、後発品誘導にしても、リハビリにしても制度が複雑になりすぎていてかえって面倒な気がします。

予算が予算が、というより、あの住基カードの流れ、マイナンバーの流れとか見てると・・・・・ 

TPPもあれだけ意見一点、押していたのにトランプ大統領になったら無かったことのようになってしまいましたが・・・・。

「費用対効果」

それが一番必要なのは医療現場じゃないような。

辞任してお詫び会見とか、応援演説とかあんなのがなんで仕事になっているのかよくわからない。




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 行橋情報へ
にほんブログ村
楽天ブックス

楽天トラベル
[PR]
by miya_sei | 2017-04-24 00:40 | 医療 | Comments(0)

エピペン 

定期的に使うものでなく、緊急時に、のものなので注意が必要ですね。




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 行橋情報へ
にほんブログ村
楽天ブックス

JAL日本航空 先得
[PR]
by miya_sei | 2017-04-03 20:04 | 医療 | Comments(0)

すっきりしない事件。

この事件、とにかく話がはっきりしないうちに「唾液がついていた」という、それだけで話が進んでいます。
勤務先の病院をはじめ、反論が出ているにも関わらずそれに対しては沈黙のままのようです。

被害者が複数いた、ならまだしも、一人、それも術後の状態です。
真実はわからず、ただ「証拠」があった(それも唾液)というだけ。

男性医師一人で回診に行ったことが問題にもなっていたようですが個室でもなかったようだし、
術後の様子を見に行くのにその度に女性スタッフを連れて行く、とか現実的には困難です。

なんだか恐い話です。




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 行橋情報へ
にほんブログ村
楽天ブックス


[PR]
by miya_sei | 2016-11-30 23:52 | 医療 | Comments(0)

リハビリテーションの介護への移行。

これは以前からではあるが、リハビリテーションの介護への移行への動きがある。
介護認定を受けれるかどうか、それもその人の状態に見合ったモノ・・・・

が、そもそも疑問だ。

介護保険の審査もやっているがこの認定も正直、整形外科(運動器)的にはあまり評価されない印象で認知機能のほうが評価されやすい印象がある。

そもそも、審査する委員も整形外科以外のDrが大多数だろう。

病院の先生方、特に手術などおこなう第一線で働く先生方もリハビリのこの介護への移行や点数が下がることなどはあまり知らないのではないだろうか?(自分も正直あまりわかってない)

正直、医療費を下げることが目的になっていて現場の負担など何も考えてないようにしか見えないのです。

そもそも、医療費というと「病院、医療現場が使うお金」のように見えると思うけど実際は色々他で増えている分野あるんですけどね・・・・・・。






AEON de WINE
[PR]
by miya_sei | 2016-11-13 02:15 | 医療 | Comments(0)

BPの副作用 外耳道骨壊死

ビスフォスフォネート製剤といえば、骨粗鬆症治療の主流ですが、顎骨壊死(顎骨骨髄炎)は度々問題になっていました。

今度は外耳道らしい。どんな症状とかでるんだろうか??想像がなかなかつかない。


ビス剤の重大副作用に外耳道骨壊死

厚生労働省が使用上の注意に改訂指示

 厚生労働省は5月31日、ビスホスホネート系薬剤の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「外耳道骨壊死」の追記などを求める改訂指示を発した。直近3年度の国内副作用症例としての関連症例は報告されていないが、欧州で同薬の添付文書に外耳道骨壊死を追記した措置を受け、専門委員の意見も踏まえた調査の結果、改訂が適切と判断した。

 改訂指示があったのは、「エチドロン酸二ナトリウム」(商品名:ダイドロネル錠200)、「パミドロン酸二ナトリウム水和物」(同アレディア点滴静注用 15mg、30mg他)、「アレンドロン酸ナトリウム水和物」(テイロック注射液 5mg、10mg、ボナロン錠 5mg、35mg、同経口ゼリー35mg、同点滴静注バッグ 900μg、フォサマック錠 5、同錠35mg他)、「リセドロン酸ナトリウム水和物」(アクトネル錠 2.5mg、17.5mg、75mg、ベネット錠 2.5mg、 17.5mg、75mg他)、「ゾレドロン酸水和物」(ゾメタ点滴静注4mg/5mL、4mg/100mL他)、 「ミノドロン酸水和物」(ボノテオ錠 1mg、50mg、リカルボン錠 1mg、50mg)、「イバンドロン酸ナトリウム水和物」(ボンビバ静注 1mg シリンジ、同錠100mg)の7成分。

 重要な副作用ならびに重要な基本的注意の項に外耳道骨壊死に関する情報が追加される。


AEON de WINE
[PR]
by miya_sei | 2016-06-02 12:46 | 医療 | Comments(0)

消費税増税の延期と社会保障

消費税増税は延期が濃厚ですね。

中止では無くて延期、先送りなようなのがなんだかなぁ、ではあるのですが。

これでまた社会保障に当てる財源が、とか話がなりそうで嫌です。


なんでこんなに色々と財源が,財源が・・・・ ないのか・・・・・

色々なことで複雑怪奇にしないと成り立たないんじゃないか、と思ってしまう部分もあるんです。

交通系でもアホみたいに何種類もカードがあります。
一応、後から連結するように他でも使えるようになったけど・・・・

コンビニも各社がWAONだかNANACOだか色々やってるけど・・・・・・・・

何故、統一出来ないんだろう??不便この上ない。

香港に行ったときにオクトパスカードというカードでコンビニでの買いものの支払いから、それこそ香港の金田家ラーメンの支払いから交通系からたいてい使えるんです。

素晴らしいと思いました。

日本は・・・・・ 各部のエリアボスが各自独自路線でやるからお金もかかるし、たくさんの人や組織が入り込んでるだけなんじゃ??

マイナンバーとやらも色々胡散臭い話ばかり流れているし、その前の住基カード、どうなったのだ???

なんかもう色々面倒くさくて泣けてきます。


介護保険のことを色々説明したページがありました。
内容的には地域で違うのは何故だみたいになっていますが・・・ 年齢構成から何から違うんだから仕方ないじゃないの、と思うのですが....

まぁこれまた複雑怪奇なのは事実であります。審査する側もどこまで踏み込んでいいのかわかりませんし。

まぁ・・ 何というか、ある程度、「自分でがんばろう」とする人が評価が下がるシステムなのは・・・ 事実。
よくわからないExcelベースっぽいソフトで時間やら出てくるけど・・・・ あの時間評価自体、なんだかなぁ〜 なのです。

どうすればいいんだろう??

いっその事、介護保険にかかるお金を全部制度無くしてある程度以上の人に分配した方が却っていい生活出来るんじゃないのかな?と思ってみたり。







More
[PR]
by miya_sei | 2016-05-27 23:02 | 医療 | Comments(0)

研修医採用に折り鶴を。

色々、考えつくものですねぇ〜〜

学生にこんな技術?不要だと思うけど・・・・・・。

脳外科とか形成外科とか・・・・・ 目指すならわからないでもないんだけど。

ネタなんでしょうけどねぇ。病院の名前は広まるだろうけど、

Macで昔あった医療系?ゲームをなんとなく思い出しました。
病院実習代わりにこれを・・・・ とかなるのかな??

Life & Deathかぁ・・・・。画像探したら色々出てきた。

やっぱりモノクロ画面が最高だ。カラーになると急にただのグロ系っぽくなってしまう・・・・・

b0028732_22382077.png
b0028732_22382377.png
VR関係も色々出てくるようだし、ほんと実習のやり方とかも変わるのかもしれませんねぇ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
研修医採用に折り鶴 倉敷中央病院、手先の器用さや集中力
倉敷中央病院(岡山県倉敷市)は2016年度の新卒研修医の採用試験に折り紙を初めて取り入れる。1.5センチメートル四方の折り紙で折り鶴を作ってもらう。手先の器用さだけでなく、集中力や忍耐力、冷静さなどを総合的に観察する。筆記試験や面接では分からない点を見極め、優秀な人材の確保につなげる。19日に東京ビッグサイト(東京・江東)で開かれる医学生向け就職活動イベントで先行実施する。折り紙のほか、大きさ約3センチの虫の模型の組み立てや、1粒のコメに小さな刺し身を載せて寿司を作るという3つの課題を用意する。それぞれ15分以内で挑戦してもらう。非常に細かい作業が続く難しい課題で、成功した場合にはその後の選考で有利になるという。医療現場で必要な素質を見極め、採用活動に生かす。大学4~6年生向けで、約40人の参加を見込む。



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 行橋情報へ
にほんブログ村Y'NS トウキョー 本店楽天ブックス
[PR]
by miya_sei | 2016-05-16 22:44 | 医療 | Comments(0)

湿布の処方。

昨日も小倉小さな勉強会があったけど、整形外科開業医の間での話題は湿布の処方・・・・

だった。はっきりいって「わけわからん・・・・」

ニトロ系のテープ剤とかと違って痛い時に使うだけなのに・・・・
何日分、って考え、おかしくない??

大量に貼るのはそりゃ、問題とは思うけど。

痛くなくても「貼らなきゃいけない」ってわけ??

枚数制限はまぁわからないでもないんですけどね・・・・・

ほんと変な仕事が増えていきます・・・。

AEON de WINE
[PR]
by miya_sei | 2016-04-01 00:13 | 医療 | Comments(0)

ボンビバにまで経口剤が出る・・・・・らしい。

骨粗鬆症の治療薬、ボンビバに今度は経口製剤が出ちゃうらしい。

 2016年1月22日、骨粗鬆症治療薬イバンドロン酸ナトリウム水和物の錠剤(商品名ボンビバ錠100mg)の製造販売が承認された。1カ月に1回100mgを、起床時に十分量(約180mL)の水とともに経口投与する。本成分は、既に2013年8月より月1回の静注製剤(商品名ボンビバ静注1mgシリンジ)が臨床使用されている。
 骨粗鬆症は、「加齢などにより骨吸収と骨形成のバランスが崩れ、相対的に骨吸収が優位になったことで骨量の減少が起こり、さらに骨微細構造の変化により骨強度が低下することで、骨折が起こりやすくなる疾患」と定義されている。骨粗鬆症が進行すると、寝たきりの原因となる骨折を起こしやすくなり患者のQOL低下などにつながることから、薬物治療などの早期治療が求められている。
 骨粗鬆症の治療薬としては、カルシトニン製剤、ビスホスホネート製剤、活性型ビタミンD3製剤、女性ホルモン製剤、選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)、ヒト副甲状腺ホルモン(PTH)製剤、イプリフラボン製剤、蛋白同化ホルモン製剤などが使用されている。国内のガイドラインでは、女性ホルモン製剤(結合型エストロゲン)、ビスホスホネート製剤、SERM、PTH製剤などが治療薬として強く推奨されている。
 今回承認されたイバンドロン酸は、ビスホスホネート製剤の1つである。現在ビスホスホネート製剤は内服製剤と注射製剤が広く使用されているが、同一成分で両投与経路を有するものは、本薬とアレンドロン酸(商品名ボナロン)のみである。
 なお本薬はアレンドロン酸と異なり、既存の注射製剤と同じ投与頻度(月1回)で処方でき、患者のライフスタイルに応じて適切な投与経路が選択できる利点がある。
 国内の無作為化二重盲検群間比較試験(骨粗鬆症患者の腰椎骨密度変化率を評価)において、イバンドロン酸注射製剤(静注1mg)に対する内服製剤(錠100mg)の非劣性が確認された。海外では、既に欧米で錠剤および注射製剤が承認されている。
 国内の臨床試験では副作用が27.7%に認められている。主な副作用は下痢(4.5%)、背部痛(4.2%)、頭痛・関節痛・倦怠感(各2.9%)であり、重大な副作用は食道穿孔や食道狭窄などの上部消化管障害、アナフィラキシーショック、アナフィラキシー反応、顎骨壊死・顎骨骨髄炎、大腿骨転子下および近位大腿骨骨幹部の非定型骨折が挙げられている。また他のビスホスホネート製剤において、低カルシウム血症の発現が報告されていることにも注意する。


今までは月1静脈注射が売りで、経口で内服できないような人に確実に、というイメージで
ボンビバもいいかなと思っていたけど、今度は内服まで出てくるとは・・・・ 

内服が100mg、静注は1mg・・・・・ 005.gif

内服になると月1のミノドロン酸やリセドロネート、アレンドロネートに効果で
勝てるんだろうか??

内服になると・・・ ボンビバ、ボノテオ・・・・  何か名前似すぎててどうも違和感ある・・・・・


AEON de WINE
[PR]
by miya_sei | 2016-02-21 21:09 | 医療 | Comments(2)


カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のトラックバック
AirPods デザイン..
from 開業したて整形外科院長の野望..
venussome.com
from venussome.com
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
DropBox Pro契約。
from 開業したて整形外科院長の野望..
http://www.v..
from http://www.val..
Jawbone Up3 ..
from 開業したて整形外科院長の野望..
SpigenのApple..
from 開業したて整形外科院長の野望..
iPad Air2
from 開業したて整形外科院長の野望..
タグ
記事ランキング
検索
ファン
ブログパーツ
www.flickr.com
ブログジャンル
画像一覧