開業したて整形外科院長の野望(無謀)日記。


福岡県行橋市でH17年に開業しました。開業前、開業後の雑感、日々の戯言その他。
by miyasei
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フォロー中のブログ
最新のコメント
僕もテープ剤や湿布など、..
by miya_sei at 18:35
私はシップや塗り薬だけは..
by 600-1100 at 10:29
> zacho_7he..
by miya_sei at 13:49
こんにちは。 BOSE..
by zacho_7henge at 10:21
コメントいつもありがとう..
by miya_sei at 00:37
開業医は孤独で情報も入り..
by 600-1100 at 17:36
CTあると強いですよねぇ..
by miya_sei at 18:07
16列CTが定価消費税込..
by 600-1100 at 22:04
> 600-1100さ..
by miya_sei at 18:10
>医療系の・・・・ だけ..
by 600-1100 at 17:54
ライフログ
その他のジャンル
アクセス解析

タグ:OsiriX ( 13 ) タグの人気記事

OsiriXで書き出した画像データが読み込めない?

OsiriXでCDRなどにデータをアプリから直接書き出すと(Burn)どうもWindowsのDICOM Viewerを使っている病院では見えないという事案が発生するようで・・・

Viewerアプリを組み込む設定にしていても向こうは向こうでいつものViewerで見る方が便利でしょうしねぇ(そのそも見えない場合のためのアプリ添付だろうけど)。

ちょっと面倒だけど、DICOM画像をExportしてそれをFinder上でCDRなどに書き込む

すると読めないという話は無くなったようだ。

ただ、気になっている点はあって、DICOMDIRを作成するようにすると、Finder上で白紙アイコンになってしまう。

RSBASEを使っている先生から以前、見れないといわれたことがある。

DICOMDIRをAddしない方にしておくとQucikLookの機能で(OsiriXをインストールしていると)Finder上でDICOM画像をプレビューできる。

どうも難しい。

参考:

楽天トラベル株式会社
楽天ブックス

[PR]
by miya_sei | 2015-08-24 01:37 | 医療機器 | Comments(0)

OsiriXがMacAppStoreでDownload可能になっています。

Macユーザーだけの話ですが・・・(OsiriX自体がそうだけど)

あのMac以外のユーザーも一目置くという噂の(たぶん.. )OsiriXがMacAppStoreから購入可能になっています。
購入といっても無料なのですが。

これでUpdateも簡単ですね!

しかし、勢いでFDA認可済みのOsiriX MDを購入してみたものの・・・・。

当たり前ですが自分の利用範囲では大きな違いはないですね・・ 015.gif

というよりあまり使いこなせてないのでここをしっかり憶えないといけませんが。

OsiriX MDを購入すると分厚いマニュアルもついてきます。英語だけど。。。
b0028732_1281770.jpg

これこそ電子書籍になればいいのに。

そういえば、今週末、Appleから何か発表があるようで。
MobileMe絡みでしょうか?iTunesへの大手レーベル追加? MacBookAirの新型?

MacMiniとMacProの話題がなかなか出てこないのがちょっと歯がゆいです。。
[PR]
by miya_sei | 2011-05-20 01:28 | Mac・PC | Comments(2)

iPad正式対応OsiriXが出ました!

OsiriX HDが登場しました。

これで、iPad2がもしRetinaDisplayになったら凄いことになりそうですね。

しかし、3500円という値段はいいんだけど今までのiPhone版OsiriXとは別物なのかな?
新規購入っぽいですね・・・。
[PR]
by miya_sei | 2011-02-23 20:34 | iPhone/iPad | Comments(0)

iPadで医療は・・・・ 変わる??

[ITpro EXPO 2010]「iPadで医療が変わる」---日経メディカル二羽記者が活用現場を報告

 iPadの利用方法は大きく3つに分けられる。(1)画像や患者情報の参照と共有、(2)患者への説明や情報収集、(3)パソコン業務の置き換え、である。

 (1)の情報参照と共有の例が、神戸大学医学部附属病院(神戸大病院)だ。神戸大病院は、手術の際にiPad上でCTスキャン画像を参照するなどの形で利用している(写真2)。利用しているのはMac OS向けに開発されたオープンソースソフトウエアのOsiriX(iPhone向けは2300円)である。習志野台整形外科内科、東京慈恵会医科大学附属病院などでもレントゲンやMRI画像の参照と共有にiPadを利用している。

 (2)の患者への説明や情報収集の例としては、東京ヴェインクリニックがある。同院ではiPad上に電子カルテを表示して患者に説明を行っている。パソコンに比べて、患者が自分で操作して閲覧しやすいことから、患者の理解が深まるという。

 愛媛大学医学部 附属病院(愛媛大病院)では、患者に病状を記入してもらう問診表にiPadアプリを試験導入した(写真3、開発はパルソフトウェアサービス)。パソコンに不慣れな患者でも入力しやすく、病院にとっても入力の手間が省ける。

 (3)のパソコン業務の置き換えとして利用しているのが、きむら訪問クリニックである。往診専門である同クリニックには、ファックスによる病状報告が1日20件以上寄せられる。ファックスは自動的にPDF化され、メールとして医師に送信される。これまで医師は移動中にパソコンでこれらのファックスを閲覧、返答していた。起動時間の短いiPadに移行したことで移動中の時間をより効率的に利用できるようになった。また診療の際片手でiPadを操作してカルテなどを参照しながら診察する、といったことも可能になった。


(1)の疑問。術中にフィルム貼ったiPadを操作して・・ フィルムが脂肪や血液まみれにならないんだろうか?
iPadはベッドの上かどこかに固定しているのかな?まさか患者さんの体の上?? 
固定してないと落としたら危ないか。。。 あっという間に割れてしまいそう。

それとこの書き方だと神戸大学が全科この方法をとっているように見えるけど・・・・。
そうなのかなぁ?? 杉本先生のチームだけかと思っていたけど・・・・。
Mac版OsiriX自体を熟知した人がいないと術中に使うというのは凄くRiskyだと思ってしまうのです。

iPadを手術に使って医療が進化したといっているのはまだ使っている術者側の意見でしかないと思うので、周りで客観的に見ている他の先生や麻酔科の先生の意見とかも聞いてみたい。
手術時間短くなるのかとか出血時間はとか感染率とか...  

画像の参照や共有にiPadを使うのは凄くいいと思うんだけど(安いし速いし持ち運べるし)。
救急現場で読影ができる、とか遠隔地医療の読影端末に、とか人気殺到のiPadですから。
ただ、iPad用のOsiriX、まだ登場してないんですよね。だけど何故か"iPad用の"医療アプリとしてOsiriXが紹介される。
確かにすごいアプリではある・・・ けど、iPhone用のアプリをiPadでは拡大表示で見ているのでありますよ、あくまでも。
その辺何故かスルーされている。
OsiriXでもいいけど他のAppでもいいので使いやすいiPad用DICOM Viewerが早く出ればいいですねぇ。
ZioMobileもいつごろでてくるかなぁ?

Android でもいいと思うんですよね。そしたら本当に便利になるだろうなぁ・・。

しかし、医療用画像を読影するには高精細モニターが必須だ!普通の一般の液晶ディスプレイじゃダメだ!RadiForceの@M以上じゃないと、なんて言っていた某メーカーさんとかは、この状況をどう見てるんだろう??013.gif
どこの総合病院も高い高い高精細モニターが毒栄養、もとい読影用としてとんでもない数納入されてますが・・・・。
まぁ、「読影は高精細、参照はiPadでも・・・ 」っていうオチなんだろうか? 
もうすぐ引っ越す総合病院さんとかこれを機会に高精細モニターを、iPadやAndroid Tabletに一部変えないかなぁ〜 
病室に持って行けますよ、机の前にへばりつかなくてもよくなりますよ〜〜 017.gif
余ったのがあれば取りにいきますよ017.gif

(2)には同感。患者さんへの説明ツールとしてはとてもいいです。レイアウトフリーなのがいい。
でも、本当にiPadでの表示に最適化された電子カルテって何があるんだろう?Safariで表示、VNCで表示とかまだそんな感じじゃないかなぁ。
何かこう、ほんとiPad用アプリとして使い安い電子カルテでないかなぁ・・・。
患者さんの目の前に持って行ってあげて、患者さんの目線を動かさずに操作ができるって言うのは確かにいいと思います。
愛媛大学の問診表アプリは興味あります。どんなのだろう??問診データがそのまま電子カルテに取り込まれたら便利そうですね〜

FileMakerGo for iPadの登場は少し期待できるものがありますね。
FilemakerGoのHosting Serviceが簡単に・・ ファイルメーカー社がやってくれたらいいなぁ。
MobileMeやDropboxとかでできたら超感動ものなんだけどなぁ。

(3)は、見るだけならiPadでもAndroid Tabでもいいと思うけど・・・ 
入力が多いならノートPCでいいような??って気もします。
見るのが主ならファックス受信を最初からPDFでメールで受信するサービス使えばそれでいい気もする。
iPadはとにかく文字入力には向いてないんですよねぇ。床やテーブルにおいて使うには背中がつるつるして使いにくい。
どうせなら広いスペースもあるんだし、キーボード苦手な人向けにあいうえおキーレイアウトとか手書き入力とかできるようにしたらいいのに。せっかくのソフトウェアキーボードなんだから。
フリック入力ができるiPhoneの方がよほど速く入力できる気がします。

入力重視ならDockとBluetoothキーボードを一緒に持ち歩けばそれなりに使えなくもない・・・
けどそうなるとノートPCで・・それこそ、MacBookAirやVAIO Xでも・・・ いいんじゃないのかなぁ。

立ったままiPadを左手で持って右手で入力とか・・無理すぎます。

どうしても、となるならば、
Simplism Crystal GABAN Set for iPad で首から下げて使う。
TUNEFOLIO for iPadでたてて使う。
この辺は必須な気がします.

iOS4に対応したらATOKも使えるようになるだろうけど・・  
まぁこの辺はひとえに「日本語入力」というやっかいなものが介在するから悪いところもあるので・・・
ここでiPad様にPalmのGraffitiのような入力形式があればまた変わった印象があるかも。
Android用には出てるのかぁ、いいなぁ。

支離滅裂な結論:
iPadはやっぱりいい。iPhoneやMacBookAirと組み合わせるともっといい。
ただ、どれもネットに繋がってくれないと話にならないこともある。
Softbank、エリア改善もっと早急にがんばって・・・。WiFi化もどんどん普及して欲しいです。
早く登場してください、OsiriX for iPad.....

あ、本当の結論は・・・ iPadで医療は変わる、というより、こちら側が変えないといけない。
なんかそんな気がする。コストダウン・・ 医療費削減にも十分役立ちそうな気がする.
これはもうみんなSoftbank リバーウォーク店へiPadを買いに行くしかない!!

なんか、眠くなってきました。月末の月曜日はこんな感じです。
[PR]
by miya_sei | 2010-10-26 00:15 | iPhone/iPad | Comments(2)

M2Plus LauncherがAndroidOS対応。

M2Plus Launcher for AndroidOS 提供開始

これは、Xperia、Galaxy、DesireをはじめとするAndroid軍団には大きなプラスですね。

今月の日経Medicalは「iPadで変わる医療 」です。
かなり特集に力が入っています。
b0028732_22525459.jpg


ただ、iPadじゃなければいけないというわけではけしてないので今からソフトが充実してくればむしろ選択枝の多いAndroidOSの方が有利な気がします。
なんといっても、docomo、au、Softbankフルラインアップですし。

MacにOsiriXがあるように、逆にAndroidにすごいDICOM Viewerがでてくれば・・・・。
選択枝が多いのはいいことです。
どうせ、データはGoogleのサービスなんかを介せば共有できますしね。

Dropbox、evernoteがすでにあるからAndroidも十分魅力的。
本当はSONYにもっとがんばって欲しいSONYファンでした。
[PR]
by miya_sei | 2010-10-08 16:51 | PDA | Comments(2)

OsiriX3.8がでています。

OsiriX download

で、何気にダウンロードして64bitのパッチあてて・・・。
職場のデータを開いてみる・・・・。

ん?Q/R画面でカタカナの患者表示が文字化けしなくなっている!!!

うれしいなぁ〜 前メールで送ったリクエストに応えてくれたのかなぁ〜〜

FCRの登録をカナでやるとここが化けていたので困っていたのが解決した?!
要確認ですけどね。
[PR]
by miya_sei | 2010-10-03 02:59 | 医療機器 | Comments(0)

OsiriXの謎。

OisriX3.6で昨日患者さんの画像CDROMを焼いていました。
某総合病院もフィルムレスになったので写真よりCDROMが良いかと。

特に普通の通常操作でOsiriXから直接CDROMへBurn。SmartFolder便利すぎ・・
Mac側はiMac 24インチ Leopard。
(OsiriX。3.61ダウンロードはしたけどまだ入れ替えてなかった)

で、できあがったCDROM自体にもOsiriXアプリをいれる設定にしてiMac上から起動。

あれれ?患者の名前の文字化けが治っている??

FCR側を半角カタカナで名前入れていたら今までOsiriXでは文字化けしてて・・
諦めていたんですけど。なんでだろう。

あ、うちはFCRからDBoxというDICOM Serverへデータを転送しそれをクライアントとして
OsiriXで取り込んでます。

文字化けが解決すると一気にフィルムレス化はずみがつくんですよねぇ。

でもどうやったら表示できるのかはまだわからず。

鹿児島の某Y先生、是非解明を・・・・。
(もちろんiPhoneも速攻で買いましょう015.gif015.gif
[PR]
by miya_sei | 2009-09-30 08:09 | Mac・PC | Comments(2)

OsiriX 3.6が出ています。

OsiriXの最新版が出てます

さすがですね、Snow Leopard 対応。

ソフトウェア会社ならある程度、最新OS(少し遅れるのは仕方ないとしても)に
対応するのは義務だと思うんですよね、特に有料なら。

安定性という言葉を盾に(さっぱり安定してないのに)4D 2003をいまだに使わせる
のはちょっとねぇ。
周りのハードとの関係を考えたらどう考えても不安定なんだけど。

Agapeさん、HomePageはどんどん変えてますが・・・。
最新(形が)のiMac並べてるけど、動作保証してくれるの??
[PR]
by miya_sei | 2009-08-29 13:18 | Mac・PC | Comments(2)

AppleStoreでOsiriXの講義を聞いてきましたよ〜

OsiriXによる最先端医療ロードマップ(AppleStore)

今日はこの講義を聞くためにAppleStore天神へGo.
異様な大渋滞で天神に近づくことができず、適当なコインパーキングに車をとめてタクシーで行ってもらいました。
駐車場なさそうだったし。

AppleStoreの奥の場所で講演が始まっていました(天神は1Fしかないのだ・・)。

OsiriXの歴史から始まり開発の歴史、(有料だけど)64bit版が速い!などなど。
中でも、Keynoteを使っての臨床の画像を見ながらの話はとても興味深かったです。
ヨーロッパやアメリカでは薬事に通るverもあるようですし、日本でもとくに問題ないんでしょうね。
特に患者さんの体表にOsiriXの画像をプロジェクターで投影することで、軟部組織をイメージしながら手術するというのはおもしろいアイデアで興味深かったです。

スタッフへのeラーニングとしての利用にOsiriX&Mac&iPodを使うというのもおもしろいですし(出力された結果を見るより画像を構築する過程作業の方が理解が深まる・・ ということをはなされた様な。なるほどと思いました)

b0028732_03247.jpg

b0028732_033221.jpg


他にもWiiのリモコンを使って画像操作する様子とかもおもしろかったです。
(あれもBluetoothですよね?)

Apple USのHomePageでも特集されています。
でもアップで映っているように見える左側の方は助手の方で・・ 右の方が術者である杉本先生だそうです009.gif

なぜか、某Mac系電子カルテやレセコンの会社の方を始め福岡のOsiriXのサポートをされている方、AppleStore天神の法人部門の方ともお話ができてこれはうれしい誤算でした。

またこういう講演があるといいですねぇ〜〜

帰りには久しぶりの千代にある博多ラーメン(290円!)を食べてヨドバシカメラを探索し帰ってきました。
ヨドバシカメラは今月いっぱい、ポイントカードを携帯電話のFericaに設定するとポイントが2%アップするそうですよ。
開院前で必要な物を買い込むチャンスです。たまったポイントでぱ〜っと行きましょう003.gif
[PR]
by miya_sei | 2009-07-06 00:08 | 医療機器 | Comments(0)

OsiriXによる最先端医療ロードマップ(AppleStore)

mixiでの記事を許可を得て転載しています。
b0028732_1456510.jpg

Apple Science Medicalセミナー: OsiriXによる最先端医療ロードマップ
追加開催日時決定。

2009年3月にアップルストア札幌での第1回目の開催を皮切りにスタートしたシリーズイベントです。

 Macを導入した最先端医療システムをご紹介します。話題のDICOMビューアOsiriXを中心に、3D画像診断、ナビゲーション手術、傷がつかない内視鏡手術NOTESなどを医療現場の視点で解説。先端医療におけるロードマップを分かりやすくご説明します。

第2回 5月24日(日)アップルストア 銀座 14:00 p.m.
第3回 6月21日(日)アップルストア 心斎橋 14:00 p.m.
第4回 6月28日(日)アップルストア 渋谷 13:00 p.m.
第5回 7月 5日(日)アップルストア 福岡 14:00 p.m.

b0028732_14572438.jpg
7月5日は行かねばなりません。同時にAppleStoreで衝動買いしないよう・・・注意します。
ただ、福岡は1Fしかないので、、 奥のカウンターでやるんでしょうか??
銀座みたいに複数の階があればいいんですが・・・。
[PR]
by miya_sei | 2009-06-07 14:52 | 医療 | Comments(7)


カテゴリ
最新の記事
ボーナス。
at 2017-12-12 17:15
Galaxy NOTE8 来..
at 2017-11-28 00:21
iPhone X...
at 2017-11-24 01:13
翌日は広島へ。
at 2017-11-12 23:43
松山城へ。
at 2017-11-12 01:18
以前の記事
最新のトラックバック
AirPods デザイン..
from 開業したて整形外科院長の野望..
venussome.com
from venussome.com
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
DropBox Pro契約。
from 開業したて整形外科院長の野望..
http://www.v..
from http://www.val..
Jawbone Up3 ..
from 開業したて整形外科院長の野望..
SpigenのApple..
from 開業したて整形外科院長の野望..
iPad Air2
from 開業したて整形外科院長の野望..
タグ
記事ランキング
検索
ファン
ブログパーツ
www.flickr.com
ブログジャンル
画像一覧